NPO法人 フィル・ジャパン・フレンドシップ 

 Philippine-Japan Friendship Association Incorporation 
 

2016年08月09日  一部更新しました

 

 

ホーム
新着情報
出入国書類
理事長挨拶
活動紹介
会員紹介
PJF比国本部
移住地の紹介
現地の注意情報
ブラックリスト
フィリピン情報
故 大澤 清 氏
バナバ茶
寄付金募集
リンク

 特定非営利活動法人

フィル・ジャパン・フレンドシップ

貴方は番目のご訪問者です。

 



PJFのスポンサー御紹介

 

(株)エム・イー電気計装

     兵庫県たつの市揖保川町片島874-14       

 

CROPKING CHEMICALS, Inc.
 

 スポンサー募集! 

 御支援くださるスポンサー様を募集中です。当会の活動を御社のイメージアップにご利用ください。


ホームページ作成ソフトを変更したため、一部のページにヘッダーの画像がずれる影響が出ています。
徐々に修正を進めていきますので、ご理解頂けますようお願い致します。(2015年5月31日)

また、新しく追加・更新されたページについては「新着情報」のページからもご覧頂けます。

 特報記事 

お知らせ 衣類の寄贈事業を中止します。

 2001年から開始した「衣類の寄贈事業」ですが、輸送費を御支援頂いていたスポンサーとの契約が終了したことで、一旦中止にする事となりました。全国から頂いた御支援に感謝致しますと共に、本事業の再開を御支援下さる新しいスポンサーを募集しています。詳しくはこちらのページへ。

 
 カビテ州GMA町に救急車と消防車が寄贈されました
 2015年11月、GMA町に2回目の寄贈品である消防車と救急車がようやく届きました。この車両は新潟県阿賀野市から無償提供されたものです。輸入許可証の再交付に手間取り、7ヶ月もの時間がかかってしましましたが、到着したこれら緊急車両は、早速現地の人々の生命と財産を守る任務に就いています。詳しくはこちらのページへ。 
 特報!スマラガ高校の校舎全面改修事業が終了しました。
  2015年10月、ついに全校舎の改修が完成しました。2006年より開始した事業は、9年を要する大事業となりました。この度は助成金の減額などで事業実施そのものが危ぶまれましたが、当会の会員らの建設資金協力などにより、ついに完成させることが出来ました。詳しくはこちらのページへ。
特報!アルカーラ農政大臣と面会しました。 
  2015年8月、アルカーラ農政大臣とお会いしました。5年ぶりの再会となった大臣と様々な会談をさせて頂きました。詳しくはこちらのページへ。
特報! サマール州ダラム村で無料医療支援を実施しました 
 2013年、2014年に巨大台風の被害を受けたレイテ・サマール地方。中でも無医村の離島では、住民の疲労が困憊し、被害復旧の費用がかさんでいることから、病気になっても医師の診療を受けることができていませんでした。
 現地からの強い要望にて実施された事業は、2015年5月6日に(財)新潟県国際交流協会の助成を受けて実施されました。 
 詳しくはこちらのページへ。
特報! カビテ州GMA町に消防車が寄贈されました

 2015年1月9日、消防車の無かったGMA町に、ようやく消防車が到着しました。エチバリリャ市長が待ち望んだ消防車が、新潟県新発田市より到着したのです。試運転では消防士達が2人かがりで筒先を保持しなければならない強力な水圧に、観客全員が歓喜しました。本ページでは寄贈決定から寄贈式までを紹介しています。詳しくはこちらのページへ。

特報! スマラガ高校校舎が完成しました

 2013年、(財)ひろしま・祈りの石国際教育交流財団様の助成を受けて建設中だったスマラガ高校の教室が完成しました。運良く台風30号による被害もなく、子供達は笑顔で新しい学舎にて勉強しています。詳しくはこちらのページへ。

特報! ピメンテル上院議員が訪日しました。

 2013年10月7日、JICAの会議に出席したピメンテル上院議員が新潟を訪問しました。PJFでは新潟県内のコーディネートを行い、新潟県庁では森副知事、阿賀野市では田中市長、新発田市では下妻副市長と面会して頂き、新発田広域消防署及び新潟クボタを訪問しました。詳しくはこちらのページへ。

特報! パンギル町に消防車が届きました。

 一旦火災になれば、自然鎮火を待つしかなかったラグナ州パンギル町。マンザナ市長の哀願を受け寄贈事業を計画していました。そして、新発田広域消防様より提供された水タンク付き消防車が、ようやくパンギル町に届きました。約10ヶ月かかったこの事業、事業の全てを公開します。詳しくはこちらのページへ。

特報! 医療支援事業をスマラガ島で実施しました。

 2011年にスマラガ島にて初めて行った無償医療支援。現地からの熱いラブコールに応えて、2012年7月に再度実施しました。就学前児童の虫歯の問題を解決するため、歯磨き指導を実施。スマラガ村役場からの協力も取り付けて規模を拡大して実施しました。詳しくはこちらのページへ。

特報! 救急救命艇をスマラガ島にて建造、寄贈しました。

 無医村のスマラガ島。急病ともなれば向かいのカトバローガン市の病院へ行くしかない。でも、そのための舟は無償ではありません。片道1時間以上、6リットルのガソリンを買えなければ願いは叶いません。
 PJFでは、「新潟クボタ中央サービスセンター」の協力を得て新品同様のコンバイン用ディーゼルエンジンを提供頂き、これを動力とした救急救命艇を建造しました。詳しくはこちらのページへ。

特報! 医療支援事業をスマラガ島で実施しました。

 人口約、18,000人のスマラガ島。25の集落には医師は1人もいません。幼くして命を落とす事も多く、これを改善するため、無料医療支援事業を実施しました。厳しい環境が明らかになると共に、やらなければならない事もまた見えてきました。詳しくはこちらのページへ。

特報! 新潟物産展をラグナ州で開催しました。

 新潟県の美味しいお米やお酒など、新潟県ならではの物産をラグナ州祭りの会場にて実施しました。魅力あふれる中小・零細企業が参加出来る楽しいイベント。比国の全国放送のテレビ局も2局、この模様をテレビ局も全国放送しましたよ。州知事からの参加招待を受けたこの事業、詳しくはこちらのページへ。

特報! サント・ニーニョ保育園が完成しました。

 スマラガ島ボタエラ地区から要望され、建設中だった「サント・ニーニョ保育園」が完成しました。本事業は(財)ひろしま・祈りの石国際教育交流財団より助成を頂いて行った事業です。ボタエラ自治区初めての本格的な保育園、詳しくはこちらのページへ。

特報!ファミ町の公式訪問団を招聘しました。

 2010年11月23日−26日、ラグナ州ファミ町の公式訪問団が新潟県の4ヶ市町を表敬訪問しました。PJFでは彼らの案内だけでなく、招聘に関する書類手続きまで協力しました。彼らの新潟県内の活動はこちらのページにてご紹介しています。

特報!スマラガ島にて教科書支援を実施しました。

 政府から新しい教科書が届かないスマラガ島。この島の子供達を支援するため、PJFは(財)新潟県国際交流協会から助成金を頂いてマニラより750冊の最新教科書を購入し、2010年7月にスマラガ島全島の11ある学校にこれを寄贈しました。詳しくはこちらのページへ。

特報! セント・マリー保育園が完成しました。

 5才までの生存率が63%と言う西サマール州スマラガ島。今までの保育園は住民らによって建てられた小さな建物であり、それは政府の土地に建てられた不法建築物である事から、自治体より撤去命令が下されていました。
この苦境を改善すべくPJFは新たな保育園建設を計画していました。そして、(財)ひろしま・祈りの石国際教育交流財団より助成を頂き、2009年11月、ついに新しい保育園が完成しました。詳しくはこちらのページへ。

特報!消防車がマスバーテ市とカラワン町に届きました。

 マスバーテ市に送った関川村提供の消防車、カラワン町に送った新発田地域消防署のレスキュー車が、それぞれ2008年11月に現地に届きました。この詳細については、こちらのページへ

特報! ベリス市長が再来県しました。

 無償提供となる農業機械と消防車が、新潟クボタと阿賀町から提供された事で、ベリス市長が代表して表敬訪問のため、2007年11月に新潟県を再訪問されました。比国の予算にてこれを輸出するにあたり、ベリス市長からPJFは見積予算を受け取り輸出を行いました。そしてこれらの無償提供品が2008年2月、無事にカラワン町に届きました。この詳細については、こちらのページへ

特報! 国会議員の訪日団が来県しました。

 2007年2月18日−21日、比国の国会議員2名とベリス市長が来県。新潟県庁にて泉田知事に会見し、日比間の友好促進及び、廃棄された消防車・救急車の無償提供及び、市民の交通事情促進のため、放置された自転車などの提供についても要請しました。また、阿賀野市も訪問し、ベリス市長は阿賀野市との姉妹都市に向けた理解を訴えました。この詳細についてはこちらのページへ

特報!LISAを相手取った損害賠償訴訟が結審しました。

 2003年5月末に「特定非営利活動法人 ライオンズ国際支援事業委員会(Lions International Supporting Association 通称:LISA)」がPJFの理事長を誹謗・中傷する事実無根の内容の文章配布を行ったことで、PJFの理事長は自らの潔白を証明するために法廷で争っていた「損害賠償訴訟」が2006年3月に結審し、同年6月に新潟地裁はLISAの主張を退け、損害賠償金の支払いを命ずる判決が言い渡されました。理事長の名誉回復手段として、この全容を沢山の証拠書類と共に”実名”にて公開致します。詳細のページ

特報!サマール州スマラガ島の「セント・インスティチュート高校」に図書館を建設。

 教科書が届かないサマール州スマラガ島。今までも教科書寄贈支援などを行ってきましたが、まだまだ不足していました。そのため、高校敷地内にある建物をリフォームし、そこを島民全員が利用できる図書館とする計画を立て、PJFは2005年12月に(財)ひろしま・祈りの石国際教育交流財団に事業申請しました。
 2006年3月6日、この申請案件が無事に採択され、2006年5月に図書館建設が開始され、同年11月に完成しました。詳細は「教育支援事業」のページに公開されています。


NPO法人 フィル・ジャパン・フレンドシップの目的

 フィル・ジャパン・フレンドシップ(Phil Japan Friendship. Phil=Philippinesの略)は、日比友好向上及び相互理解を目的として活動しています。 当会の有する幅広い経験と知識、比国に於ける注意事項は必ず皆様のお役に立てるでしょう。

 まずは活動内容を覧下さい。

純粋に「フィリピンが好きだから。」と言う大半の理由で我々は活動を続けています。皆さんも気軽に参加しませんか?好きだからこそ出来る本来の支援と協働の実例をご覧下さい。



PJF日本本部連絡先

郵便番号
〒959−1973 新潟県阿賀野市上高田659−1番地
電話番号         FAX 番号
0250-62-1130    0250-62-7067
電子メール アドレス
 : pjf@nifty.com
 

PJFフィリピン本部住所 

名称
   ASOSASYON NG PAGKAKAIBIGAN NG PILIPINAS AT JAPAN FOUNDATION Inc.
住所
UNIT 420 PRINCE PLAZA 2 BLDG. 101 DE LA ROSA St. LEGASPI Vill. MAKATI CITY METRO MANILA.
電話番号         FAX 番号
63-2-893-0304    63-2-893-0304
 

 

[ ホーム ] [ 新着情報 ] [ 出入国書類 ] [ 理事長挨拶 ] [ 活動紹介 ] [ 会員紹介 ] [ PJF比国本部 ] [ 移住地の紹介 ] [ 現地の注意情報 ] [ ブラックリスト ] [ フィリピン情報 ] [ 故 大澤 清 氏 ] [ バナバ茶 ] [ 寄付金募集 ] [ リンク ]

この Web サイトに関するご質問やご感想などについては、pjf@nifty.comまで電子メールでお送りください。
最終更新日 : 2015/04/30